予防接種・健診について

予防接種・健診について

予防接種

予防接種

必ず予防接種を受けさせるようにしましょう

予防接種は、ワクチンによって身体の中で抗体を作り出し、特定の病気の発症を防ぐ、もしくは発症したとしても軽度で済ませるために実施するものです。
当院では、日本小児科学会が定める予防接種には全て対応していますので、忘れずにお子さんに受けさせるようにしましょう。将来に渡って健康で育ってもらうためには、乳幼児期の予防接種が欠かせません。

当院が行っている予防接種一覧

  • B型肝炎(不活化ワクチン、任意)
  • ロタウイルス(生ワクチン、任意)
  • ヒブ(不活化ワクチン、必須)
  • 小児用肺炎球菌(不活化ワクチン、必須)
  • 四種混合「DPT-IPV」(不活化ワクチン、必須)
  • BCG(生ワクチン、必須)
  • MR(生ワクチン、必須)
  • おたふくかぜ(生ワクチン、任意)
  • みずぼうそう(3才未満は必須)
  • 日本脳炎(不活化ワクチン、必須)
  • インフルエンザ(不活化ワクチン、任意)

予防接種スケジュール

※不活化ポリオワクチン(単独)はいまは対応しております。

当院の予防接種方針

日本小児科学会が昨年一般の皆さま向けに情報を提供したことを受け、当院でも同時接種の予約をお受けうることに致しました。また出産時の状況や接種当日の様子によりその後のスケジュールは医師と個別に対応して参ります。

生ワクチンと不活化ワクチン

生ワクチンと不活化ワクチン

ワクチンには「生ワクチン」と「不活化ワクチン」の2種類があります。
生ワクチンはその名の通り生きたウイルスを使ったワクチンで、体内である程度ウイルスが増えた後に免疫が作られていきます。
一方、不活化ワクチンは、ウイルスや菌の攻撃力をなくしたものを体内に入れることで免疫が作られることを狙います。
不活化ワクチンの方は作られた免疫が弱くなるため、繰り返し打つ必要があります。
(生ワクチンも繰り返し接種が必要なものがあります)

予防接種を受ける前に

以下の場合は予防接種を受けることができませんので、事前に確認しておくようにしましょう。

  • 37.5℃以上の熱がある時
  • 重い病気にかかっている時
  • 過去に予防接種でアナフィラキシーを起こしたことのある方

その他、予防接種を受けるにあたり、何か気になることがありましたら、診察時にドクターまでお知らせください。

乳幼児健診

健診の重要性

健診の重要性

乳幼児健診は、お子さんの病気を早期発見し、早期治療へ繋げるだけでなく、発育状況を確認するためにもとても重要なものです。
お子さんの健康と発育について確認し、子育てに関する相談もできる良い機会だと捉え、受け忘れのないようにしましょう。
そのため、当院では健診時に視機能発達検査も併せて行なっており、問題があれば速やかに対応出来るよう努めております。

乳幼児健診の時期

  • 6から7カ月児健診(東京都指定)
  • 9から10カ月児健診(東京都指定)
  • 1歳6カ月児健康診査(江戸川区指定)

お身体の不調を感じたら
まずはご相談ください

  • 03-5675-2501
  • 予防接種のWEB予約
pagetop